<口コミ体験談>評判のAGAスキンクリニック失敗談

<口コミ体験談>評判のAGAスキンクリニック失敗談

全国に展開しているAGAクリニックの中でも、そのクリニックの数ではダントツ。47都道府県に広がっているのではないかというくらいクリニック数が多いと、評判のAGAスキンクリニック。こちらでの典型的な失敗例を紹介します。

 

1.AGAスキンクリニックとは?

 

46カ所にクリニックを持つ、夜の9時まで診察をしているなど他にはないAGAクリニックですが、これはグループ力を結集した結果です。一般に、それだけの数のAGAクリニックを作ってもペイしません。特に、失礼ながら地方都市では、AGA治療だけでは採算ベースに乗りません。しかも「夜9時」までの診療となると、さらに固定費が増えてしまいます。

 

そこで、このクリニックで行われたのが、1つのクリニックで色々な診療を掛け持ちさせること。例えば、AGAスキンクリニックのホームページでクリニック一覧を見てみると、住所の所に「東京美容外科内」、「東京ビューティークリニック内」と書かれているクリニックがあります。このことです。

 

 

ん?どういうこと?


 

AGAスキンクリニック=東京ビューティークリニック=東京美容外科

 

AGAスキンクリニックと言うのはクリニックの名前であって、クリニックの名前とは限らないんですね。

 

話がややこしいですね。

 

みなさんの近所の病院は、「田中医院」でも「高橋病院」でもそう看板がかかっていて、中身も「田中医院」、「高橋医院」ですけど、AGAスキンクリニックの場合は例えるなら、「高橋医院」の中に「田中医院」があるみたいなことです。ややこしいんですけど、彼らがやっているのはそういう事です。間借りみたいなものですね。こうすることでクリニックを運営していく上で必ずかかってくる固定費を分散させているわけです。

 

しかも、実は、東京ビューティークリニックや東京美容クリニックはAGAスキンクリニックと同じグループです。これら3つのクリニックは、いわば、ここの総院長の麻生氏の始めた「東京美容外科」を頂点とする美容外科グループを構成しています。

 

 

東京美容外科の名前で全部やればいいのではないか?


 

と思われるかもしれませんが、それは麻生氏のマーケティングセンスです。美容外科のような「コンプレックス」産業では、男性と女性は分けた方が、患者としては入りやすいというのが1つ。

 

もう一つは、それを専門にやっているように見せた方が患者から信頼されやすい、その分高いお金を吹っ掛けられるという計算もあったかと思います。

 

みなさんも、同じラーメンを食べるのでも、街の中華屋よりもラーメン専門店の方が美味しそうに見えませんか。少々高くてもラーメン専門店なら許せませんか?そこら辺の心理を突いた手法だと思われます。

 

 

AGAスキンクリニックの実態

 

私もハゲの端くれとして行ってしまいました。その時の感想は、

 

商売に徹している

 

でした。

 

Gachtでインチキ臭さを払拭

 

美容外科、AGAクリニックと言うと、ある種の「うさん臭さ」みたいなものがどうしても出てしまいます。そこを、有名人を広告・宣伝につかうことで、払拭しようとしています。私の印象も、確かに名もないAGAクリニックに行った時のような「怪しげな」印象はなかったです。それよりも、有名人が宣伝しているのなら大丈夫なんだろう、と思ってしまいました。

 

医師の関与を最小限にする

 

私が行ったAGA病院でのカウンセリングでは、医師が出てきてくれましたが、ほとんど診察もせず、頭を目視しただけで、「AGAですね。薬物治療が中心になりますが、詳しくはこの後のカウンセラーと相談してください」で終わりました。私は食い下がって質問を2つしたので、5分かかりましたが、ほとんどの人は2〜3分ではないでしょうか。これは、クリニックを維持するうえで最も大きな費用である「医師」の労働力を、カネの取れない「無料カウンセリング」のようなもので使わないためです。

 

しかも、実際の治療でも医師はほとんど関与しません。特にAGAの治療は、このクリニックではフィナステリド、ミノキシジルタブレット、サプリメントの投薬が中心です。この場合、実際に医師が診察もしません。薬を出すだけですから受付でもらって終わりくらいの勢いです。

 

もちろん、それに頭に有効成分を注入するメソセラピーをやる場合は、注射があるので医師が出てくることがありますが、それとれ何十分もかかる話ではありませんので、さっとやって終わりです。医師は、診断にも治療にもほとんど時間をかけることなく済むような診療方針にしているんですね。

 

カウンセラーは営業

 

カウンセラーの方が無料カウンセリングのほとんどの時間を使って説明してくれます。というか、契約させようと説得してきます。色々な人の話を聞いても、その営業振りは徹底しています。これは彼女たちの(カウンセラーは女性です)給料が「営業成績」と直結するからだと思われます。これにより、経営側にしてみたら固定費を最小限に抑えられるわけです。

 

一応誤解するかもしれないので言っときますが、今時「監禁して」契約のハンコを押させるようなことはありませんからご安心を。ただ、あなたが彼女たちにとっていいカモにならないと見極められた時点で、あなたに時間や労力をかけることを止めます。言った人が契約をしないとはっきり言ったら「急に冷たくされた」というのはそういうことです。でも、「この経営方針なら当たり前か」と理解できたかと思います。

 

薬はオリジナルで高額

 

こちらではホームページでも「フィナステリド4,200円」からと書いてますが、これを頼ませてくれません。カウンセラーから勧められるのは、AGAスキンクリニックならではの「オリジナル」薬です。と言っても、フィナステリドやミノキシジルに別の名前を付けているだけですが、「オリジナル」という事で高いです。

 

契約期間の長さにもよりますが、基本は月に43,200円です。1年契約すれば37,800円まで下がります。これはAGAクリニックの費用としては高額ですが。しきりに、「他のAGAクリニックでは5−6万円取られます」と言ってきますが、そんなに高額な所は私は見たことがないですね。

 

この3〜4万円する薬ですが、フィナステリドやミノキシジルタブレットなら、個人輸入代行業者(オオサカ堂など)のサイトで同様のものが売られていて、1か月当たりのコストに換算すると、安いもので1,000円以下です。これを見るとどれだけボロ儲けなんだと思いませんか。

 

なお、薬の治療以外に、Dr’sメソ(AGAメソセラピー)という名前の頭皮に注射をして発毛させる治療もあります。これもAGAスキンクリニックのオリジナルで、1か月に1回、半年くらい続けるのですが、1回あたり5-7万円します。

 

 

発毛効果は高い!

 

ちゃんと生えますよ。そういう意味では決して詐欺ではありません。とは言え、その効果はフィナステリドとミノキシジルのおかげですけどね。つまりこの2つ、特にフィナステリドですが、この薬を使っていれば何かしらの効果は出ます。「AGAが進行しなかった」人も含めるとほぼ100%の人に効くんで。

 

 

AGAスキンクリニックで失敗した例

 

発毛効果だけをとらえれば、非常に高いものがあるので、ほかのクリニック同様満足できるはずです。ただ、その費用の高さ、そのサービスレベルの低さを考えると、「薬を毎月もらうだけで、こんなに払わされるのか!」と思ってしまう人は、「失敗した」と思うでしょうね。

 

 

AGAスキンクリニック 評判

 

AGAスキンクリニック 口コミ